2013年5月3日金曜日

目的が変われば視点が変わる


半年ほど前から、とある理由があって、登山をちょくちょくするようになった。
それで、一つ、気付いた事がある。

以前はよく山道をドライブしていた。
その頃は、奥多摩周遊道路とか、雁坂トンネルといったスポットは、そこがほぼ最終の目的地だった。
周遊道路を数馬から奥多摩湖まで走り切れば、それだけで、何かをしたような気分に浸って、満足していた。

しかし、今は、これらの道路は、出発点か、出発点に行くまでの途中経路に過ぎなくなった。
目的が、ドライブから山に登る事に変わったので、車に乗っている間は、まだスタート地点に辿り着いていないのである。

かつてはゴールでしかなかった場所が、スタート地点になった。
そうなると、見える物が全く違ってくる。

以前は、山は、ただの美しい景色でしかなかった。
そして、それをただ見るためだけに来ていた。

しかし、今は、山を見ると、その中を通る登山道が想像できる。
実際にこれから歩こうとしている道ならば言うまでもないし、そうでなくても、エスケープルートなどは、出発前に、大まかには頭に入れている。
だから、ある一本の登山道を歩こうとすれば、自然と、その数倍の距離の、別の登山道がある事までわかってしまうのだ。

カーナビの地図や、Googleマップでは登山道は表示されない。
登山に関する知識は全く無かったので、今までは、ある筈の道が、道として見えなかったのだ。
しかし、登山用の地図を見れば、実は、道路と同じくらいか、それよりも多くのハイキングコースや登山道が、山の中を張り巡らせている事に気付くのである。

この違いは、ハードウェアやソフトウェアを、単に使うユーザの視点で見る時と、開発者の視点で見る時の違いにも似ていると思う。
目的と、持っている情報量によって、同じ画面を見ていても、そこに見える景色は別物なになってしまうのである。

まあ、当たり前と言えば、当たり前の事なんだけど。